background movie
HOME プロフィール

wannwann123

Author:wannwann123
5年目のブログです。いたるところで ご縁で繋がってきています。”よっぽどのご縁”で!!!

本業は保険屋です。

外資系の生命保険の代理店です。

最新記事 リンク カテゴリ 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ

たけふ大好き美幸

毎日がただのご縁でありません。よっぽどのご縁です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武生立葵会総会

ブログ゙ランキングに挑戦中で~す。ともかくチョイ押してね
http://blog.with2.net/rank3040-0.html
↑貴女の一押しで順位がドンドンあがります。
5年目に入りました。
    創刊以来一日も休まず
     発信をつづけてます。
         これだけが自慢です。


★本多冨正公墓前祭★

福井県武生の地に偉観を誇る北陸第一関・太平山・龍泉寺

龍泉寺は戦国時代に入ると一向一揆などの戦乱を免れることができず、伽藍を焼かれ衰退いたしました。

しかし、江戸時代になると越前藩国老(筆頭家老)で武生の領主となった本多富正が高禄を喜捨して

大檀家となり、伽藍を再建しました。

以来、明治維新を迎えるまで龍泉寺の檀家は本多家ただ一軒でありました。

また約330年間続いた輪番住職制を廃して独住制へと移行いたしました。

墓前祭が開催されました。

ひごろ山口住職は本山にお勤めですが、

今回は帰省されました。

日ごろご無沙汰しているとのことで、

御開帳しないめずらしい龍歯を展示していただきました。

神山地区の恩沢池には龍が住んでおリました。

村長娘が龍に惚れ夫婦になったそうです

ある日村長の家が燃えた時龍が火を消すために

七重に巻いて火を消したそうです。

その時龍は死にその龍の”歯”が竜泉寺にのこされているそうです。

民話として残っているそうです。

歴史ってなんだか楽しですね!

立葵の会は年会費3、000円で年間行事にいろいろ参加できます。

10月5日は”第一回こしのくに国府サミット”が開催されます。

どうぞ 会員登録くださいませ。

DCIM0928 (400x225)

DCIM0936 (400x225)

DCIM0930 (400x225)

DCIM0929 (225x400)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。